2016年6月20日月曜日

鈴鹿峠の前後

新名神と東名阪のジャンクションでの渋滞を回避するのに、最近しばしば国道1号線の鈴鹿峠を通る。歴史の古い峠だけに、近辺に色々面白いポイントがあることがだんだん分かってきたので、寄り道してみた。

上り線を甲賀土山ICで降りるとすぐに土山宿。ここは旧街道沿いに宿場の風情が残っている。町の南端にある常明寺には森鴎外のお祖父さん(森白仙)の墓がある。文久元年(1861年)に藩医として参勤交代のお供の途中、心臓発作で土山宿で亡くなりこの寺に葬られた。妻と娘(鴎外の祖母、母)も遺言で遺骨が同所に埋められたが、昭和28年に津和野の永明寺に墓石だけが移設され、現在は墓誌と慰霊碑が立っている。遠からぬ昔に参勤交代で東海道を歩いたんだなぁと実感されるとともに、そのころは客死してそこに葬られるということもよくあったのだろうと思わされた。
土山宿の東に隣接して田村神社という立派な神社がある。変わった名前だと思ったら、蝦夷征伐で有名な坂上田村麻呂が鈴鹿峠の山賊退治をしたという伝説(太平記に載っているらしい)に由来するとのこと。伊勢神宮の内宮のように、参道の途中から、隣接して流れる田村川の川岸に降りて手を清められるようになっているが、ここの景色が大変良かった。車のお祓が盛んらしく、そのためのスペースが広く取ってある。
鈴鹿峠へは、トンネルの直前で右へ側道に入って(ココ)少し上がるだけという簡便アクセスだが、はっきりした駐車場がない。あまり人も来なさそうなので路肩に適当に駐車。観光的には5m44cmあるという巨大な石灯籠(万人講常夜灯)が有名。
あたりには広い茶畑が広がっていて明るい雰囲気だが、峠自体はそのすぐ先の鬱蒼とした杉林の中にあり、それらのコントラストも面白い。
峠から少し杉林に入ると田村神社旧跡の石碑がある。ここにあった頃は、山賊よけの神様という意味が強かったらしい。(神社があるから山賊が出ない、ワケはないが)
さらに5分ほど行くと、「鏡岩」という岩の露頭があり、「岩面の一部が青黒色の光沢を帯びている。これは鏡肌と呼ばれ、断層が生じる際に強大な摩擦力によって研磨され、平らな岩面が鏡のような光沢を帯びるようになったものをいう。」という説明板があった。鈴鹿峠は近江側はゆるやかで、伊勢側は急坂の断層地形となっており、その断層の動きがこんな岩に反映されるのかと面白い。(あまりにスケール感が違うので誰かが磨いたような気もする)
岩からは伊勢側に急に下っている1号線を見下ろすことができ、峠らしい風景を楽しめる。
峠を下りきって平地に出たところにあるのが「関宿」。ここも西追分から東追分まで1.8kmにわたって宿場の風情が良く保たれている。1年前に来た時には東追分の鳥居の建て替えで、用材を街道に沿って木挽きするお祭りの日だった(行った時にはもう終わっていたが)。今回は鳥居になった姿を見ることができた。
鳥居越しに望まれる伊勢の山々の風情は浮世絵にもなっているが、時代を経てもまさに同じ(右は去年の木挽き祭りのポスター。原画のスキャン画像はここ。広重作の五十三次名所図会の一枚で、有名な東海道五十三次よりも後年に作られたもの。縦長の構図で結構写真的だ。)。この鳥居の用材は、元々は内宮の棟持ち柱だったものが前回の式年遷宮のときに五十鈴川にかかる宇治橋の東詰めの鳥居になり、今回さらに東追分の鳥居になるというリサイクルを経ている。(宇治橋の西詰の鳥居は、外宮の柱に由来し、桑名の七里の渡しの海に面した鳥居になる。よくできた仕組みだ。それぞれ伊勢の国の東海道上の西と東の端に位置する。)
2018年度内には新名神の四日市JCT・亀山西JCT間が開通し、四日市、鈴鹿ICがバイパスできるようになる予定なので渋滞も解消されるだろうが、それまでは、甲賀土山IC→1号線→フラワーロード→306号線→鈴鹿IC→ミルクロード→四日市ICというルートを時々走りながら、今回見た景色を思い浮かべることにしよう。

2016年6月10日金曜日

1946-1949年の日本国

アメリカの鳥類学者Oliver L. Austinさんが1946-1949年の日本滞在中に撮影したカラー写真がwebで公開されている(ココ)。 商売柄、鳥の写真(ハンティングの獲物や、露店に並ぶスズメやツグミのグロい写真も多数)や、山科鳥類研究所の山階芳麿博士や皇室の方々のやんごとない写真も多いが、市井の人々や子供達の生き生きした写真も多数あって魅力的だ。気に入ったものをいくつか再録。文字や服の合わせから裏返しと分かる写真は左右反転した。

ダルマの露店の前に並ぶ子供達。五色の幕が風にたなびく。original
ジープで外人さんが通りかかったと聞いて裸足で駆け出してきたという風情。original
道端で紙芝居。兵隊帰りのおじさんがやってる様子。左の看板の電話番号が淀橋と読めるので新宿界隈か。original
街角の小鳥屋。右端の街灯の柱に「本郷美観商店街」と読める。本郷3丁目の南ぐらいか。original
サンドイッチマン、じゃなくてチンドン屋か。渋谷らしい。右奥の喫茶店ライオンは、今もある道玄坂の店のようだ。現代のストリートビューではここか。original
街角の下駄屋。電柱の広告の株式会社紀文商店は今の紀文の前身。紀文の歴史に「1940年 築地場外に紀国屋果物店開店、のちに店名を紀文と改名。」とあるのと、右端の木の看板に辛うじて「築地小田原町」と読めることから築地市場の近くらしい。original
赤いジープは撮影したAustinさんが乗って来たものらしく、あちこちの写真に写り込んでいる。看板の電話番号が松沢なので世田谷のどこか。
スズムシ(?)を売るおじさん。この人も兵隊帰りなのだろうか。original

2016年5月15日日曜日

四国の山(3) 石鎚山

役の行者の天狗名「法起坊」のご真言。
山で困ったときに効きそうです。
石鎚山は北側のロープウェイからアクセスした。前回は駐車場横の店で帰りにうどんを食べたなぁと思い出す。14年経ってもほとんど雰囲気は変わってない。ロープウェイ駅までの短い上り坂とか、上の駅から成就社までの林道歩きとか、便利すぎないところが良いのかも。
冬はスキー場のリフトになる観光リフトも乗ってみたが、成就社から外れたところに着くのであまり得はしない。楽しく滑れそうなスキー場だった。成就社の拝殿は正面にガラス窓があり、山頂を拝む形になる。よくできている。ここからはしばらく緩やかに下るが、これが帰りには結構つらい。あたりは主にブナ林。鮮やかな赤い木肌のヒメシャラが目を引く。
時折アケボノツツジも咲いている。試みの鎖と一の鎖は混んでいてパス。両者の間にある茶屋の「冷やしあめゆ」が美味しかった。だんだん近づく山頂部の岩稜が迫力的。
二の鎖、三の鎖を楽しむ。よくある鎖場とは全く違い、太い鉄棒の両端に靴のつま先が入るようなサイズの輪が溶接された50cmぐらいなものが一単位な「鎖」が何本もかけてある。所々にアブミ状の三角の輪も付いている。前も思ったが、鎖が邪魔で足の踏み場がない状態なので自然と鎖の輪っかやアブミがフットホールドになる。登り着いた山頂は「弥山」1972m。一休みしてから細い稜線をたどって最高峰の天狗岳1982m。ここまでは景色がないながら前回も来たが、この日はさらに南尖峰まで行ってみた。↓は天狗岩と南尖峰の間で撮影(左の「THETA」を押した先からは全画面表示にもできます)
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA






見下ろすとさらに下って土小屋方面に稜線を行く人がいた。地形図を見ると土小屋へのトラバース道の他に稜線通しの道もあるようだ。弥山に戻ってからの下りは巻き道を使ったが、空中に張り出した回廊や階段を多用した歩きやすい道だった。今回は成就社でうどんを食ってからロープウェイに乗った。四国に来るとついついうどん頻度が高くなる。今夜の宿は高知だが高速でずっと移動するのは味気ないので、徳島方向に少し行き過ぎてから、白地(四国の戦略的要地、司馬遼太郎著 「夏草の賦」によると、長宗我部元親が四国制圧のために先ず押さえたポイント)、小歩危、大歩危経由で吉野川上流の風情を楽しんだ。ラフティングガイドの看板が多かった。